ビフォリアには健康な髪を育てる成分がふんだんに配合されています。ここではビフォリアの全成分と注目成分について紹介していきます。

ビフォリアの全成分を確認してみよう

ビフォリアの全成分を確認してみよう

まず最初にビフォリアに配合されている全成分を確認しておきましょう。

副作用の心配があるような成分は使用されていませんが、植物アレルギーなどをお持ちの方はあらかじめ確認しておきましょう。

【有効成分】

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン

【その他の成分】

サクラ葉抽出液、ビワ葉エキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス(1)、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコウソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ニンジンエキス、乳酸ナトリウム液、L-ピロリドンカルボン酸、L-アルギニン、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-アスパラギン酸、水酸化ナトリウム、グリシン、L-アラニン、L-セリン、L-バリン、L-プロリン、L-スレオニン、L-イソロイシン、L-ヒスチジン、L-フェニルアラニン、イザヨイバラエキス、ダイズエキス、加水分解シルク液、1,3-ブチレングリコール、アマチャヅルエキス、アロエエキス(2)、ホップエキス、カンゾウ葉エキス、海藻エキス(1)、海藻エキス(4)、海藻エキス(5)、精製水、エタノール、D-パントテニルアルコール、フェノキシエタノール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ラウリルジメチルアミンオキシド液、濃グリセリン、無水エタノール

ビフォリアに配合される3つの有効成分と効果

薬用育毛剤ビフォリアには、「センブリエキス」「グリチルリチン酸ジカリウム」「塩酸ジフェンヒドラミン」と3種類の有効成分が配合されています。

それぞれ期待できる効果をまとめておきます。

【1】センブリエキス

センブリエキスは血行促進作用が期待できる成分です。

頭皮の血流が悪くなると、髪を成長させるための栄養を届けることができません。栄養不足の髪は細くなったり、成長途中で抜けてしまうことも。

頭皮の血行促進は、抜け毛予防や薄毛対策にはもちろん、健康な頭皮を維持するためにも大切なポイントです。

【2】グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用が期待できる成分です。

頭皮が乾燥したり、皮脂の分泌が多くなりすぎると、頭皮は炎症を起こしやすくなり、健康な髪をそだてることができません。

グリチルリチン酸ジカリウムは頭皮の炎症を抑え、髪の毛が成長しやすい頭皮環境に整えてくれます。

【3】塩酸ジフェンヒドラミン

塩酸ジフェンヒドラミンには抗ヒスタミン作用が期待できる成分です。

具体的には頭皮の炎症をやかゆみを抑えたり、血流を促進させて栄養を毛母細胞まで届けるサポートをしてくれます。

22種類の保湿成分が頭皮環境を整えてくれる

有効成分の他にも、ビフォリアには22種類もの保湿成分が配合されています。

頭皮が乾燥下状態では丈夫な髪を育てることはできません。健康的な頭皮環境を維持するためには「保湿」が欠かせないポイントです。

ビフォリアには、ボタニカル成分、アミノ酸、植物エキス、海藻エキスなどの保湿成分が22種類も配合されているので、頭皮の乾燥ケアに効果を発揮してくれます。

8つの無添加処方で頭皮に負担をかけにくい

ビフォリアは頭皮への刺激が心配されている成分をなるべく使用せず、8つの無添加処方で作られています。

ビフォリア8つの無添加

  • 香料
  • 合成着色料
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • パラベン
  • オイル
  • シリコン
  • 紫外線吸収剤

アルコールは10%以下

ビフォリアはアルコール10%以下の「ローエタノール処方」で比較的使いやすい育毛剤です。

人によってはアルコールで刺激に感じやすい人もいますが、エタノール濃度が低いので「化粧水感覚」で使用できますよ。

またヘアカラーをしている場合でも、色落ちの心配がなく安心です。

ビフォリアの販売店情報はこちら